顔が痒い時どうすれば治る?

顔のかゆみと診断された。顔とおでこに発疹が出た。そこの病院でアセモ止めの薬をもらったが、三カ月後にだんだんひどくなり、近所の医院で顔のかゆみと検査結果が出た。そこの医師は保湿化粧水一本やりで、つけるとひと晩でツルツルになり、両親は喜んだ。まだ、保湿化粧水の副作用を知らなかったのだ。保湿化粧水を塗布しているうちに、皮膚が不自然な白さに変わった。そこで今度は違う病院へ。「相当に強い保湿化粧水を使ったらしいですね」といわれて、そこでは別の薬をもらった。それでも薬をストップすると症状は再び逆戻り。その繰り返しだった。離乳食は六カ月日ぐらいから始めたが、顔のかゆみは食物にも原因があると本で読んだので、母親も一緒に気を配った。米、卵、牛乳、小麦はダメ。

 

ハゥスダストとダニも心配なので、カーペットをはずし、クッションや縫いぐるみも片づけ、バルサンでダニを退治、床は水拭きして、家の中は風通しに気をつけた。血液検査では、顔のかゆみになる白血球の数も、普通の子の三?四倍の数値が出た。主食はヒエ、アワ、サツマイモ、カボチャ、それに魚と野菜に限定した。ミルクも中止した。ところが、三カ月過ぎてもなにも変わらない。藤森夫妻は、太郎を抱いて、あそこがよいと聞けば、すぐさまそこの病院へ飛んでいった。よかれと思ったら、なんでもしてやろうと必死だった。評判の皮膚科へ行き、「クリームですよ」と渡され、安心して塗っていたのだが、「処方箋をみると、リンデロンが入っていました。

 

 

まされ始めた。最初は、母親が友人から聞いてきた三鷹の皮膚科に行った。そこでは保湿化粧水をもらった。高一のときだったが、保湿化粧水を塗ると一週間ぐらいはおさまり、やめると再発する。高校を卒業する頃にはそれが頻繁になり、病院へ行くのが半年に一回、三カ月に一回と、だんだんその期間が短くなった。ビジネス専門学校に入ったが、 一年でやめざるを得なくなった。目を開けておれないほど腫れ上がり、外出もできないのだ。大学病院や民間療法も試みた。高田信一さんも、ほかの顔のかゆみ患者と同じような経過をたどったわけだ。顔が痒い時は保湿が大事なことと知り合ったのは、平成六年六月だった。北海道乙部町の美容ホテル「ACCルネッサンスセルーラ」を紹介されたのだ。その頃は、すでに一カ月間以上、一歩も外出できず、正真正銘のネクラ。

 

 

「じ―っと家の中に閉じこもっていると、気持ちがうち沈み、自殺を考えたことがないといえば、嘘になります」そこのでは、「治すのなら、いまをおいてない。信じるしかない」といっていたが、来店した際に、たまたまそこに顔が痒い時は保湿が大事なことがいたのだ。顔の腫れ、全身の顔のかゆみをみて、「だまされたと思って、美容ホテルのパック風呂に入ってごらんなさい」と、口をそろえて、北海道行きを強くすすめた。「本当は信じられませんでした。けど、これまで、あらゆる治療法や病院へ行ってそんな状態でしたから、治らなくてもともと。そんな気持ちで出かけました。最初は、パック風呂は猛烈に痛かった。十分間ぐらいは多糖類の原液が皮膚に浸透してくるのでしょうか、我慢できないくらいでした」それを耐えた。もし治るのであれば、こんな痛さなどなんでもないんだ、と自分にいい聞かせ続けた。最初の二週間は、 一日十二時間はパック風呂の中。三時間入って部屋L戻っては食事をしたり、新聞や雑誌を読んだり。ひと息つくと再びパック風呂へ。睡眠以外はパック風呂の毎日だった。

 

 

そして二週間日頃から、明らかに改善へ向かった。部屋の鏡で、それがはっきりわかった。発症部の皮膚がポロポロとはげ落ち、新しい皮膚が蘇生してきたのだ。これこそ細胞活性化だった。希望がわき出てきた。外出にもマスクや手拭も不必要になった。パック風呂の合間には、ホテルの外の素晴らしい林を散歩し、空気がこんなにおいしいと思ったことはなかったという。四週間のパック風呂を体験して、東京・練馬区の自宅L戻った。「治ったわ、本当に奇跡が起こったのね!」と、母も姉もびっくりした。現在、 一日に二、三回、市販のベースローションとパック剤でスキンケアに気をつけている。もう外出も平気になった。アルバイトをやっているが、そろそろ就職したいと考えている。できたら、顔が痒い時は保湿が大事なことみたいな、顔のかゆみで苦しんでいる患者さんに奉仕できる仕事があれば、というのが高田さんの希望だ。

 

 

ニキビケアにも実は保湿と毛穴対策が重要

 

そして、ニキビでも使える無添加の化粧水にも無添加のものがあることを知った。「顔のかゆみでも使える無添加の化粧水がオープンするまで待っていたんです。それまでは、湯島でいただいたローションと外用剤を使っていたんです。つけると次の日は、ボロボロと皮がむけて、腫れはひきました。それでもブツプツは出るけど、ニキビの立ち直りが早くなりました。引っ掻いて血が吹き出していたのもなくなり、ジクジクの液も出なくなりました」パック風呂は、はじめはいやがって泣いた。それをあやしながら入れて三日目には、顔の腫れと赤味が消えた。太郎はこれまで、六十回ぐらいはパツク風呂につかった。朝と夜の二回、ベビーシャンプーで全身をやさしく洗ってやり、パックをつけて、外用剤は冷蔵庫保存で二週間に一本の割合で使っている。

 

 

「病院の先生に怒られながら、ヨモギやカルシウム、プルーンを飲んだりの民間療法も、いろいろと試みました。どれもこれもダメで、顔のかゆみでも使える無添加の化粧水で診てもらって、あの日から皮膚がツルツルになってきました。顔のかゆみは再発もあると聞いていますが、完治するまでは続けていきます。必ず改善されると信じて、先生の指示通りのニキビ治療を続けていきます」藤森夫妻にやっと明るさが戻った。顔のかゆみ用の保湿ケアとの出合いが、親子に幸せをプレゼントしてくれたのだ。

 

毛穴対策でおススメのサイト
毛穴黒ずみ

更新履歴


このページの先頭へ戻る